議会発言

ぬまざわ和明は、川崎市議会議員として3期目。これまでの数多くの議会での発言をまとめています。

また、川崎市議会のホームページから録画中継がご覧になれます。


平成25年第2回定例会 6月24日 本会議第6日

葬祭場運営の【保健福祉事業団】が解散!
鶴見川沿道(幸区側)に河口からの距離表示を設置せよ!
競輪場飲食店が新施設に移転!
市に関わる訴訟について

葬祭場運営の【保健福祉事業団】が解散!

 行政改革の一環として出資法人や公社・事業団等の見直しを図るよう議会で求めていましたが、葬祭場を運営している「保健衛生事業団」の解散が決定しました。
 この事業団の解散にともなって今後の葬祭場の運営を「シルバー人材センター」に非公募で指定管理者制度のもとに、人と事業を継承させるとの報告がありました。本来指定管理者制度は、市民サービス向上や効率的運営を図るために導入された制度であり、公募が原則です。北部と南部斎苑を分割してでも、民間に広く公募すべきと質しました。
 健康福祉局長は「北部斎苑大規模改修工事に伴う特殊事情により、サービス低下を招かないように一体的に管理運営をすることが今以上に求められるため、例外の非公募で行う」と答弁。
 非公募で指定を行うならば行政の関与をできるだけ排除すべきであり、今後は市民の皆様に納得していただけるサービスが図られるよう注視していきます。

鶴見川沿道(幸区側)に河口からの距離表示を設置せよ!

 横浜市域の鶴見川土手には、河口から500M ごとに距離表示が行われています。ジョギングやウォーキングで沿道を利用する方々にとって運動量の目安となり、大変喜ばれていますが、鶴見川土手の幸区部分には設置されていません。利用者の方から是非設置をして欲しいとのご要望を受け、「鶴見川幸区側土手と矢上川沿道にも設置すべき」と訴えました。
 建設緑政局長は「他都市における事例や市民からのご要望を勘案しつつ、河川管理者である国土交通省と調整を図りながら検討する」と答弁。ぬまざわ議員は、早期設置を求めました。

競輪場飲食店が新施設に移転!

イベント広場(競輪場)

 競輪場西側に3階建てのコンベンション機能を備えた空調完備の新たな施設が整備され、来年4月オープンします。現在競輪場内で営業中の飲食店は17店舗、移転予定は13店舗のため新たに4店舗を公募することになりました。
 競輪場としては全国トップレベルの店舗数を誇り、B 級グルメとして好評を博していることから、ぬまざわ議員は、公募の際には子どもや女性・ファミリー向け店舗の導入を提案しました。
 経済労働局長は「若者、女性、家族連れ等、利用者に喜んでいただけるよう、コンビニ等も含め広く公募を行う」と答弁。
 さらに長期間1日あたり1000円程度だった使用料について質したところ「見直しを図り適正な料金となるよう検討する」との答弁でした。

 

ぬまざわ和明事務所


〒212-0055
川崎市幸区南加瀬5-38-2ー215

  • TEL:044-599-3984
  • FAX:044-588-3222
ページの先頭へ