過去の「ぬまざわ議会ニュース」はこちらから>>>

2017年11月号

決算特別委員会で質問

 ぬまざわ議員は、9 月決算特別委員会で「まちづくり委員会」所管の事業について「南武線の混雑緩和策」「駅前駐輪場対策」などについて質問し、市の取り組みを質しました。

「オフピーク通勤」の導入図れ!

  JR南武線の武蔵中原から武蔵小杉間は、全国でも有数の最混雑区間となっており、ピーク時間である7時30分から8時30分は平成26年度で混雑率195%を記録しました。

 国の交通政策審議会からは、最混雑区間の混雑率の目標は180%以下と示されていることから、これまでの取組と今後の「オフピーク通勤」の導入について質問しました。

 JR東日本は、これまで混雑対策としてピーク時間帯の増発や幅広車両の導入などを行い、平成28年度は混雑率が188%まで改善されました。しかし、依然として高い混雑率であることから、交通政策審議会答申で混雑緩和策として示されている「オフピーク通勤」の本市の取組を質しました。

 市は働き方・仕事の進め方改革の取組と連携しながら、11月からまず職員の南武線利用者1,600人を対象に「オフピーク通勤」に取り組むことを明言しました。

 この取組により、混雑率は8%程度低減することが見込まれます。結果を検証しながら周辺大企業などにも働きかけを行うことも明らかになりました。

駅前駐輪場に空き店舗の活用図れ!

  幸区、中原区などの多くの人々が使用する南武線平間駅周辺が「自転車等放置禁止区域の指定」とされることから、人が集まり利便性が高まる方策として、駅周辺の空き店舗を駐輪場として活用を図るよう提案しました。

更に、活用にあたっては店舗面積要件の緩和や耐震も不問とすることなどを求めました。

 市は、市ノ坪の民間グランド跡地を年間880万円で賃借し、整備費3,600万円をかけてバイク・自転車併せて420台の駐輪場を設置します。駅からも遠く利便性に欠けることを指摘し、大きな事業費を使わなくても、空き店舗が駐輪場に活用できれば、商店主の収入にも繋がります。

 駐輪場整備には、広さや耐震の要件があり個人商店ではハードルが高いのが実情です。 これまでも商店主から2件の相談がありましたが、狭小であるため契約締結に至らなかった経緯がありました。

 市は、「空き店舗駐車場として活用することは大事な方策と認識しています。

 補助金制度※を使う使わないにかかわらず取り組みは行ってまいります。今後は積極的に活用できるよう地元や商店会等に周知し、経済労働局とも連携を図りながら支援します」と答えました。

※民間自転車等駐車場整備費補助金制度
 詳しくは、川崎市のホームページでご確認ください。
 http://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000047089.html


市民のみなさまからいただいたご要望のひとつひとつの声がかたちになりました!これからも市民の目線に立った取り組みを推進してまいります。

“食事ロス”の意識向上 映画「0円キッチン」の上映会が決定!

 世界で生産される食料の3分の1が廃棄されています。

 6 月の議会で、その「食品ロス」の削減について質問しました。

 更なる食の無駄低減への意識の向上策として、農林水産省が推奨し話題となっている、映画「0円キッチン」の上映会などを提案しました。

 答弁では「この映画は、食料廃棄問題や食の無駄をなくすチャレンジを描いており《もったいない》と思う意識醸成に有効で、このようなツールの活用も検討する」とのことでしたが、いよいよ上映会の日程が決まりました。皆さまの参加をお待ちしております。

環境フォーラム 映画「0円キッチン」放映
食品ロス問題をテーマにした「0円キッチン」の上映が決定。

☆かわさき環境フォーラム
 平成29年12/16(土) 場所:高津市民館

☆ウォームシェアイベント
 平成30年1/6(土) 場所:小黒恵子童謡記念館

参加費無料  詳しく環境局減量推進課 (☎044-200-2605

学校トイレの洋式化を加速!

  ぬまざわ議員が、これまで何度も議会で取り上げて来た「市立学校のトイレ洋式化」が市長公約に盛り込まれ、来年度からは900 箇所(過去4年間で改修した2倍の箇所)が整備されることになりました。

 もっと早く!もっとたくさん!を求めていきます。

「中部給食センター」が完成!

  中部地区14校に配食するための給食センターが、中原区の市職員の公社跡地に完成しました。12月から始まる市内中学校完全給食では、1日1 万食を供給できる施設で、災害時には備蓄米を調理して避難所に配送します。

幸区、中原区民の憩いの場 平間配水所跡地に公園整備中!

  平間配水所用地の再編整備により生ずる未利用地を有効利用するため、民間事業者に土地を貸付け、災害時に一時避難場所にも活用できる「市民が利用可能な緑地」を整備します。一般競争入札により三菱ふそうトラック・バス(株)に貸付けが決まり、約1万4千㎡の土地を芝生広場に造成中です。来年4月には地元に開放されます。


 

ぬまざわ和明事務所


〒212-0055
川崎市幸区南加瀬5-38-2ー215

  • TEL:044-599-3984
  • FAX:044-588-3222
ページの先頭へ