日々の活動

2013.03.30

市議団で被災地へ

 東北3県を視察、がれき処理も分別化が図られ順調に進んでいます。復旧から復興への計画の遅れが被災者の心をくじけさせています。仮設住宅にいつまで居なければならないのか、復興支援住宅の建設を加速しなければなりません。未だ津波被災地は去年のままでした。

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

ぬまざわ和明事務所


〒212-0055
川崎市幸区南加瀬5-38-2ー215

  • TEL:044-599-3984
  • FAX:044-588-3222
ページの先頭へ